[ 学生に教えたい“働きがいのある企業”大賞とは ]

働く社員にとって、“キラリと輝く働きがいのある中堅・中小企業”は数多く存在します。大企業以上に社員を大切にする中堅・中小企業も数多く存在します。しかしながら、学生の皆さんが就職活動を行う中でよほど意識して探さない限り、そのような中堅・中小企業に出会うのは難しいのが現状ではないでしょうか。「社員の帰属意識が高く、多くの社員が働きがいを感じ仕事をしている素晴らしい中堅・中小企業をもっと世に知らしめたい」という思いから、学生に教えたい“働きがいのある企業”大賞は創設されました。

では、「社員にとって働きがいのある企業」とはどのような企業でしょうか?
学生に教えたい“働きがいのある企業”大賞審査委員会では、以下のように考えています。

  1. 経営理念を社員と共有化し、各種意思決定や施策に反映させている。
  2. チャレンジする組織風土があり、変革・イノベーションを実現している。
  3. 経営者・管理者が適切なリーダーシップを発揮しており、人事施策・制度においても社員の動機づけが出来ている。

本賞が、就職活動を行う学生の「良い会社選び」、中堅・中小企業の「働きがいのある企業としての認知度向上」「より魅力的な会社づくり」の一助となることを願います。

学生に教えたい“働きがいのある企業”大賞
審査委員長 江島 由裕